【バイアグラ輸入代行】個人輸入代行について

個人輸入代行についてリスクやメリットをご案内します。

個人輸入代行って!?

個人輸入とは、個人が利用することを目的として海外から商品を輸入することを言います。

それに対し、個人輸入代行というのは、個人輸入を代わりに代行するサービスの事を言います。

個人輸入する場合、安価であったり日本に存在しない物であったりと、さまざまなメリットがある反面、輸入の際の言語や税関の問題、支払いの問題、配送などの問題を含め、分からない事だらけです。

輸入の際の言語や税関の段取りを取り仕切ってくれるのが「代行業者」で、海外から商品を直接メーカーや海外の小売業者から国際郵送で届けてもらう事の事務手続きの一切を代行してくれる業者の事を言います。

個人輸入する際のメリットとデメリット

メリット 価格が圧倒的に安い

個人輸入でバイアグラなどを購入することは様々なメリットがあります。

たとえば、病院に行くことなく処方箋無しでもバイアグラを購入することが可能になりますし、診察料もかからず日本で購入するよりも安く購入が可能です。

国内では1錠当り1000円~2000円以上するバイアグラでも、個人輸入となれば500円~1000円程度で半額以下で購入が可能ですので、費用的に見れば個人輸入の方が助かります。

もちろんバイアグラジェネリックも購入が可能ですので、そうなると価格は1錠100~200円程度まで安くなっているのです。

デメリット

個人輸入の場合、個人がすべてひとりで海外メーカーに交渉し、支払い・発送・税関諸審査・国内発送等すべてやれる方はそういません。

個人ですべて出来るのであれば問題ありませんが、一般的にはこうした諸手続きにはかなりハードルが上がり困難となります。

また、個人輸入したものの、偽物が送られてきたなどの問題もあり、そうした場合は相手側との交渉(返品・交換・返金申請等)も必要となり、言語などのリスクも高まります。

別の問題として、日本で医師の処方を受けずに最初から海外の製品を使用する方もいらっしゃいます。

たとえ現在が健康体であっても、持併用禁忌薬(同時に服用できない薬)などのチェックや、持病をお持ちの方やであればなおさら、事前に医師の診察を受けた上で、バイアグラ服用を判断してもらうことが必要ですので、個人の責任上でする必要が出てまいります。

バイアグラ等を個人輸入する場合は、こうしたリスクを知った上で、慎重に行うことが必要です。

 

 

ed治療薬【人気ランキングTOP10】

今、最も人気の高いed治療薬は…⁉
ed治療(改善)薬、人気ランキングTOP10の発表です。

>>ed治療薬【人気ランキングTOP10】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA